'50sのシネマヒロイン、オードリーをテーマにハンドメイドでウェディングドレスをお創りし、大切な日の幸せな記憶をつくるお手伝いを日々しております。
プロデュース・衣装制作・フォーマルドレス・メンズスーツ・ジュエリー制作・写真撮影・映像制作・ヘアメイク・ブーケ・フラワーアレンジメント・デザイン制作 etc
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2016☆あけましておめでとうございます。 | main | 『ドレスは後悔したくないんです。』 >>
幸せを奏でる不思議なレストラン




アトリエの移転の前に、

今ドレスをリフォームの為に長くお預かりしているお客様や、

生地をお預りしているお客様に順次ご連絡をおとりしていました。


その中にお二人共眼科医のH先生御夫妻がいらっしゃいました。





お二人は丁度2000年に、イタリアのフィレンツェで挙式をされるとのことで、

Grey’sに来店され、メンズスーツとマリエをオーダーで

お創りさせて頂いた
Grey’sの元花婿花嫁様です。





挙式後もいろいろオーダーでお創りさせて頂いたり、

展示会にはお花を贈って頂いたり、

群馬からいらっしゃるのでお食事をご一緒したりと、

親しくお付き合いをさせて頂いておりました。



 
ある日、
H先生から「なでし子さんは留学なさるとしても

大岡さんはどうなさるのですか?」とたずねられ、

「私はテテがいるので、やはり茅ケ崎を拠点として時々フランスに旅を

するという形になると思うのですが
。」とお話させて頂くと、

「大岡さんが茅ケ崎に行かれるのであれば、私たちも茅ケ崎に行きます。

どうか一生を通しての長いおつき合いをお願いします
!

とおっしゃって頂きました。

ストレートであたたかい光に充ちた言葉のパワーに、

一瞬にして私の胸は打ち抜かれました。

有り難うございます。

この言葉を心に灯して、これからの道も大切に歩んでいこうと思っております。





 
BlogH先生ご夫妻の「結婚の日」をご紹介させて頂きます。
 
2000年の挙式でしたので、もう15年前のお話になります。
 
まだ春浅い
321日のイタリアフィレンツェの挙式でしたので、

マリエは上質なアブラハムのシルクタフタのノースリーヴドレスの上に、

防寒対策にと少しあたたかいフランス製ニットレースの

長袖トップスをデザインさせて頂き、花嫁の靴には、

ヌバックの編み上げショートブーツを提案させて

頂いた事も記憶に新しいです。




 

お二人は挙式後約半年位してから、

日本で「親族だけのシンプルなご披露宴」を考えておられましたが、

実はそのご披露宴で初めて両家が「顔合わせ」をされるとお聞きして、

私は少し驚きました。


 このご披露宴自体が御両家にとって、

大切な意味を持っていると感じたからでした。

そしてその会場選びから、全てのプロデュースを


Grey’sの大岡さんにお願いしたいとご依頼を受けました。

写真撮影は、是非なでし子さんにお願いしたいと

直々のご指名でした。






すぐに私の頭の中には「ル・リス・ダン・ラ・バレ」(谷間の百合)

言う明治時代の建物をそのままフレンチレストランにした

文京区西方のレストランが浮かんでいました。


お二人なら、きっと、気に入って頂けるという確信がありました。

見落とす程の小さい看板しか出ていないのですが、

中に入るとそこだけ時間が止まった様な不思議なレストランなのです。









玄関は障子がある純和風なのですが、

フランス帰りの元帝大の造船の教授だった人の

和洋折衷館には、明治のハイカラなお屋敷の雰囲気を感じさせる

ウェイティングルーム、飾り棚や天井のしつらい、洋燈など、

何とも言えない懐かしい匂いがします。歩く毎にギィギィと軋む床も、

ウッドデッキを敷いた中庭もあくまでも自然な佇まいで、

縁側の古い木枠のガラス戸越しに、大きな椎の木や葡萄棚が見えます。




予想通りお二人をご案内すると、

一目で「ル・リス・ダン・ラ・バレ」を気に入って頂きました。


Grey’sもこのレストランを多くのお客様に

ご紹介させて頂きましたが、中でも
H先生ご夫妻の事は、

あたたかいお二人の雰囲気ともとても合っていて、

強く印象に残っています。


 Grey’sでは、当日の「ヘアメーク」、「ブーケ・ブートニア・ヘッドドレス」

結婚の一日をドキュメントでフィルムで撮影し、一冊のアルバムに仕上げる

「マリアージュアルバム」会場の「フラワーアレンジメント」「司会者のご紹介」

「進行」やご披露宴自体を企画演出する「トータルプロデュース」を

担当させて頂きました。



(花嫁のステーションパールネックレスと、パールのピアス
も、Grey'sでお作りしました。)











その中のひとつ、フラワーアレンジメントは、

今ではいろいろなところがやっておられますが、

当時としては、たぶん初めての


入口の花、受付の花、メインテーブルを飾る花、各テーブルの花等、

会場を飾るすべての花を3種の
ミニブーケで構成しゲストが

お帰りの際には、

お二人からの「季節の花のプレゼント」として

お持ち帰り頂くというプランニングでした。






飾られた花たちはどの花も瑞々しく、花材を全て変えてお作りしたので、

見る角度によっては、全く異なった趣きがありました。


当時花婿のOH様は、なでし子さんが撮影させて頂いた花の写真を見られて

「僕はこの世界に入ってしまいたい
!」と、

その美しさを賞賛して下さいました。



又、花嫁のAH様は全てのベタ(コンタクトプリント)を見られて、

とても気に入って頂き、

「なでし子さんの写真を一枚残らず全て

プリントしてアルバムにして頂きたいです。」

とおっしゃって下さいました。





 フォトグラファーは予備の為に同じシーンを数枚撮影する事もあるので

ご説明させて頂き、その中で厳選しながらできるだけご意向に沿う様にと

アルバム制作をさせて頂いた結果、
Lのアルバム、Mのアルバムから、

御両家やご親族にプレゼントされるアルバム、

ポケットタイプで持ち歩き用迄入れて計
15冊位のアルバムを

お作りした記憶がございます。

これは今だに更新されることのない「マリアージュアルバム」の大記録です。






 当日のご披露宴は「出席者紹介」を中心に進めさせて頂いたのですが、

私の方から「ゲストの方とのエピソードを印象に残るミニコメントにして、

お一人ずつご紹介させて頂いたらどうでしょう?」と提案させて頂きました。






花嫁は、ある叔父様との思い出を

「列車に乗って自分の家へ帰る途中、

窓からの風でお気に入りの帽子を飛ばしてしまい、

結局、新しい帽子を買ってもらう迄泣き止まなかったと

いう思い出があります。」とご紹介して下さいました。





花婿は、「お祭りの夜、迷子になってしまって屋台のお面が怖くて、

母に会えてホッとして泣いているのを見て、叔母がもらい泣きを

していました。」という思い出等、

まるで映画のワンシーンの様なミニコメントに、お二人の人柄と、

ゲストお一人お一人への愛が感じられて、

司会者の方は「これはもう全てこの通りにご紹介させて下さい。

何も付け加えたりする必要のない、どれをとっても素敵なエピソードです。」

とおっしゃって下さいました。






「出席者紹介」が進むにつれて、

それを聞いておられるゲストお一人お一人の感動が、

私達の方にも伝わってくる様な、

情景がうかぶ「出席者紹介」でした。



















そして、御披露宴の途中から子ども達は庭に出て「鬼ごっこ」を始め、

親戚の叔父様もそれに特別参加するといった、

かなり自由で個性的なご披露宴になりました。








 今でもあの日のことを振り返ると、晩秋の午後の陽射しの中で、

ゆっくりと流れる豊かな時間を、ウッドデッキの上を風に吹かれて

「カサッカサッ」と転がる落ち葉と共に思い出します。






このまま時を止めてしまいたい様な、

8ミリ映画で撮って残しておきたい様な美しい幸福な時間でした。




 



 「ル・リス・ダン・ラ・バレ」は残念ながら閉館してしまいましたが、

私達の記憶の中では、永遠の時が流れています。

 
素敵な沢山の想い出を有り難うございました。
 
                   
                 
                  Grey’s☆大岡信子・なでし子



ウェディングドレスデザイン:Grey's☆大岡信子
文中の写真:大岡なでし子

Dressdesign:Grey's☆Nobuko Ohoka 
Photo by Nadeshiko Ohoka 

20120428-CMYK(Greysアトリエ 内観Photo)IMG_7025.jpg
☆Grey's☆
グレイズはオーダーメイドの専門店です。
シンプルでどこかノスタルジックなドレスを
ハンドメイドで丁寧にお創りしています。
大切な「結婚の日」のマリエに、特別なあなただけの一着に
クチュリエールのオーダーメイドを提案致します。

・トワルクチュール:30万円 〜 (サイズオーダー)  (2〜3ヶ月前迄に)
・プレタクチュール:40万円 〜 (セミオーダー・ トワル1回仮縫い付き)  (3〜4ヶ月前迄に)
・オートクチュール:50万円〜  (フルオーダー・ デザイン画作成&トワル1回仮縫い付き)  (4〜5ヶ月前迄に)
 本生地仮縫いご希望の場合は別途となります。

・プティノワール(フォーマルドレス) オーダー 20万円〜(Tax別)  2〜3ヶ月前迄に

☆オーダーPrixは生地、デザイン、仮縫いの回数等によりお値段が
異なりますので、詳しくはお見積りをお出し致します。
(Tax別)

☆お急ぎの方はプレタポルテを販売&レンタルしておりますので、
 お問い合わせ下さい。(9号)

オーダーサンプルマリエ セル&レンタル  Size:9号
・セル(販売) 25万円〜(30万円台中心)
・レンタル 18万円〜 (20万円台中心)
 雑誌発表やコレクションの為にお作りしたオーダーサンプルマリエを
 ご希望の方でサイズのあう方にセル&レンタルさせて頂きます。
 (ドレスのデザイン、生地によりお値段は変わります。)
※レンタルマリエは、挙式、ご披露宴までのご使用とし、
 二次会は行なっておりません。



Bague mariage(メモリアルジュエリー)

オーダージュエリー

エンゲージリング&マリッジリングをはじめ
さまざまメモリアルジュエリーをオーダーで
お創りしております。

誕生花マリッジリング pt900 Homme 10万円〜 (Tax別)
                                           Femme  10万円〜 (Tax別)

3ヶ月前迄に
デザイン、使用する材料によりお値段と期間が異なります。 
                               

Dress &Jewelry design: Nobuko Ohoka & Nadeshiko

☆Grey's mariage☆(プランニングプロデュース)

Grey'sでは、オーダーされたマリエにあわせて、
デザイナー自らがブーケをデザイン、会場のフラワーアレンジメントの
プランニングやマリッジリングのデザイン制作、結婚の日のヘアメーク、
マリアージュスチリスト、マリアージュアルバム・映像制作etc...
「記憶」に残る映画のワンシーンのようなマリアージュプロデュースを
Grey'sの感性で提案しています。


お気軽にご相談下さい。

Phone:0467-53-8468(完全予約制)
Open:11:00〜19:00(最終予約17:00)
完全予約制・不定休



Grey's(グレイズ)Facebook 

20120405_3092710.gif
Copyright(C)Grey's SET inc. All Rights Reserved.
JUGEMテーマ:写真
 
JUGEMテーマ:ファッション情報
JUGEMテーマ:結婚

JUGEMテーマ:ニュー
 
COMMENT